居抜き物件で歯科医院開業を希望する先生のための支援会社情報
HOME >  居抜き物件開業の手引き 歯科医院編 >  リフォームが必要なら

リフォームが必要なら

ここでは、居抜き物件で歯科医院を開業する際のリフォームについてまとめています。

歯科医院居抜き物件のリフォームについて

歯科医院の開業時に建物の老朽化の修繕や内装を変更したい場合、また、前医院のイメージを払拭したい時には、リフォームが有効でしょう。

居抜き物件に関しては、外観のリニューアルは難しいですので、内装のみ変更するケースが多いと思いますが、「集患力」を考えたデザインでイメージを一新し、新規の患者さんを多く呼び込むきっかけを作ることは可能です。安定経営と集患力アップのため、時には患者様の目にはっきりとわかるリニューアルも必要なのではないでしょうか。

下記にいくつか、歯科医院の内装リフォームでポイントとなる事項をまとめてみました。

診察室エリアのリフォーム

患者様を初め、治療を行うドクター、歯科衛生士さんが1日の大半を過ごす診察室。戸外が見える解放感のある空間づくりや診療機材を視線から外す工夫で、患者様のストレスを軽減するとともに、スタッフが快適に治療に専念できる場を提供する必要があります。

【リフォームのタイプ】

  • パーテーションタイプ…パーテーションで治療エリアを仕切るタイプ
  • 動線分離タイプ…患者の動線とスタッフの動線を分離したタイプ
  • 個室タイプ…治療エリアを個室で仕切ったタイプ

プライバシーを守り、リラックス感を演出

最近増加しているのが、インプラント治療などで先生がオペに集中できるようオペ室を別に設けたり、治療エリアと予防診療エリアを分けるケースです。エリアの分離は、治療の必要のない患者様がリラックスして診療を受けるために配慮されています。

また、ガラス製のパーテーションで広さを感じさせながらも、きちんとプライバシーを守り安心感を与える方法もあります。「見せつつ隠す」ことのできるフィルムなどを用いて、なるべく光と明るさを採り入れて患者様をリラックスさせます。

診察室全体の雰囲気の改善に際しては、木や珪藻土などの自然素材を用いて健康的な室内にすることもリラックス感を演出できます。

待合室・受付エリアのリフォーム

歯科医院の第一印象は受付で決まるといっても過言ではありません。明るく清潔なイメージを保つためには、カルテを常にきちんと整理し、患者さん側から煩雑に見えないような工夫が必要です。最近では、カルテが直接見えない位置にカルテ棚を設置するリフォームが多く行われています。

また、待合室は、これから治療を受ける患者様が少しでもリラックスできるように、モダンでゆったりとくつろげるデザイン・レイアウトが好まれます。昨今では、歯科医院にもサロンのような優美な雰囲気が求められる時代なので、BGMや間接照明による空間演出・インテリア等も大変重要なポイントです。

女性の目を考慮したデザイン

トイレが待合室と近くて音が聞こえそう、とかトイレから出た時に他の患者さんと目があってしまう等、トイレの位置関係で、患者様が不快な思いをしている場合もあるので、こういった問題点も小さなこととは思わずに解決の道を探すと、新規患者様の獲得へ繋がります。

歯科医院のリフォームだけに留まらず、店舗のリフォーム全体に言えることは、女性の目を気にしたデザインにすることです。サロン的な雰囲気が求められているのも、女性患者様が気分よく過ごせることで、後々口コミ等の大きな宣伝効果が見込めるからなのです。新規開業時の戦略では欠かせないポイントとなるでしょう。